オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノの違法・合法?賭博罪で逮捕者が出た真相のとは?

更新日:

最近になり、日本でもオンラインカジノは認知され始めましたが、やはりまだまだ不安という方も多いことでしょう。中には賭博罪で捕まるのではと不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

実はいうと、この記事を書いている私も正直なところ「オンラインカジノって、違法なんじゃないの?」と思っていました。ですから、この記事ではオンラインカジノが合法か違法かについて詳しくまとめておきます。

まだオンラインカジノを始めたことがない方にこそ参考にしてもらえればと思います(^^)/

オンラインカジノは海外でライセンスを取得しています!

まず始めに触れたおきたいのは、最近日本国内で聞くようになったオンラインカジノです。

日本には「賭博罪」という法律があり、公に認められたギャンブル(競馬や競艇など)以外は違法と見なされます。にも関らずオンラインカジノがここまで公に運営できるのは気になるところです。

実はいうと、オンラインカジノというのは全て海外でライセンスを取得したものです。海外でライセンスを取得し、日本のユーザーがこれを国内で使うと賭博罪になるかというとそうではないのです。

 

オンラインカジノがの日本の賭博罪に当たらない理由

中にはいくら海外のオンラインカジノでも日本で使えば賭博罪になるのでは?と不思議な方もいることでしょう。

厳密にいうと、以前までの解釈では違法でも合法でもないと考えでした。どういうことかというと、日本の賭博罪というのは、公にギャンブルの場を設けた場合に適用されます。

例えば、最近もスポーツ選手が出入りしていた闇カジノですね。そればかりか、金銭をかけたマージャンもギャンブルの場を設けているので賭博罪です。

ですが、オンラインカジノ場合はギャンブルの場を設けている訳ではないのです。海外のサイトにアクセスはしているがギャンブルの場を設けているという解釈ではないのです。

 

オンラインカジノが合法という判決事例も出ました!

つい最近になり、そのオンラインカジノが合法か違法かについて法的な判決事例が出たので紹介しておきます。

何かというと、オンラインカジノを利用したユーザーが京都府警に検挙されたという事例があったそです。その際、3人が検挙され、そのうちに2人は容疑を認め略式起訴となったという事です。

※略式起訴とは、罪を認め罰金の代わりにこれ以上追及されないという事です。

ですが、そのうちの1人がその内容を不服として、裁判所に異議申し立てを起こしたとの事です。そしてですが、最近判決が下りこの事件に関しては不起訴処分を勝ち取ったという事になったのです。

不起訴処分という事ですから、要はオンラインカジノを本国内で使用しても問題ない、つまり無罪という判決を勝ち取ったという言事になるのです。

以下は実際にその際に裁判所からオンラインカジノに利用に違法性がないという不起訴処分を勝ち取った弁護士のブログの抜粋です(∩´∀`)∩

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

この形態の案件は,従前検挙された例がなく,違法なのかどうかがはっきりしない状況になっていた。

賭博をやったのは認めるが,そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかない,というのがその人の言い分であった。

~~~~~(長いので中盤は割愛させてもらいます)~~~~~

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

という事です。

これで、オンラインカジノを日本で使う事に違法性がないと証明されたわけです。

 

オンラインカジノで逮捕者が出た真相とは・・・

もしかしたら、覚えている方もいるかもしれませんが以前、オンラインカジノで逮捕者が出た事例もあります。じゃあそれは何で?となるところです。

実はですが、これはオンラインカジノを利用してネットカフェでオンラインカジノができると謳ってしまったからだそうです。つまりネットカフェがカジノ場のような役割をして、さらに換金したそうです。

残念ながらこれは、日本の賭博法に抵触してしまったのです。ネットカフェの経営者が逮捕されるという事になったのです。経営者が賭博法をどこまで理解していたかは不明ですが・・・

 

オンラインカジノを安心・安全に使うポイントとは!

まだ、オンラインカジノを始めたことがない方にとって、どこのサイトが安心できるのかというのは難しいところです。先ず、オンラインカジノを始めるのであれば国内で知名度があるところから始めるべきです。

言うまでもないことですが知名度があるという事はユーザが多いです。例えばですが、このブログでも紹介しているベラジョンカジノエンパイアカジノなどは日本語対応でサポートもかなり評判です。

適当にネットにアクセスして訳が分からないまま、ゲームを始めるより余程安心感があると思います。オンラインカジノの違法・合法?賭博罪で逮捕者が出た真相のとは?...という話でした。

 

カジノ名? カジノの特徴・メリット

【ベラジョンカジノ】

●初心者におすすめ
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【エンパイアカジノ】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【インターカジノ】

●海外/日本での知名度
●スマホ対応
●高額入金ボーナス

>>公式サイト


【ベットティルト】

●ベットオンゲーム
●珍しいプロバイダー
●入出金手数料なし

>>公式サイト


【カジノシークレット】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【チェリーカジノ】

●初心者おすすめ度
●新作ゲーム掲載が早い
●スマホ対応

>>公式サイト


【ライブカジノ】

●ライブカジノ
●ライブカジノの種類
●出金の早さ

>>公式サイト


【ウィリアムヒル】

●大手ブックメーカー
●イベントも豊富に用意
●社会的信頼度が高い

>>公式サイト


【DORA麻雀】

●日本人に人気
●入金なしトーナメント
●初心者歓迎!$1から

>>公式サイト


【カジ旅】

●カジノゲーム初心者
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【ワンダリーノ】

●高額賞金イベント
●高度技術の演出
●200%入金ボーナス

>>公式サイト


【スポーツベット】

●初心者にやさしい
●ライブベッティング
●eスポーツ対応

>>公式サイト

 

-オンラインカジノの基礎知識
-, ,

Copyright© オンラインカジノの読みもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.