オンラインカジノの基礎知識

ココモ法(cocomo)のやり方と注意点:オンラインカジノの戦略

更新日:

オンラインカジノには「ココモ法」という戦略があると言われます。

何でも、ココモ法はオンラインカジノやる方が必ず気にするマーチンゲール法に似た方法だという事です。いったいココモ法とというのはどんな方法なのか?

この記事ではココモ法についてまとめておきました。まだ聞いたことがないという方は、ぜひ参考にして下さい(^^)/

ココモ法というのはマーチンゲール法に似たオンラインカジノの戦略!

ココモ法というのはマーチンゲール法とよく似たカジノ戦略で、連敗をしていてもその倍の金額をかけていく事で、それまでの損失を回収する方法です。

マーチンゲール法は賭け金を倍にしていくスタイルですが、ココモ法は少し異なります。

 

マーチンゲール法のやり方と注意点:オンラインカジノ必勝法

 

ココモ法は、初回から負けが続く場合、1ドルからスタートし、2回目も1ドルで、3回目は2ドル、4回目は3ドル、5回目は5ドル、、、という形で進めます。

ランダムな賭け方のように見えますが、以下のような規則性があります。

 

【ココモ法の賭け方】
●初回~2回目のベット額 ⇒ 1ドル
●3回目以降のベット額 ⇒ 前回と前々回の合算した賭け額

 

ココモ法とマーチンゲール法の賭け方の違いを比較!

以下がココモ法とマーチンゲール法の賭け方の違いです。

 

  ココモ法の賭け金  マーチンゲール法
ゲーム回数 ベット額($)  ベット額($)
1回目  1  1
2回目 2
3回目 2 4
4回目 3 8
5回目 5 16
6回目 8 32
7回目 13 64
8回目 21 128
9回目 34 256
10回目 55 512

 

上記の表を見て違いというのが、皆さんは分かるでしょうか?

マーチンゲール法の場合は負け続ければ掛け金を単純に倍に増やしていくだけです。ですが、ココモ法は前々回と前回分の合計です。少しややこしいですが、慣れれば直ぐに分かります。

 

但し、ココモ法に有効なゲームはマーチンゲールと異なります。3倍配当ゲームが有効とされています。ルーレットのアウトサイドベットでいう「Column:カラム」と「Dozen:ダズン」がこれに当たります。

 

ココモ法の3倍配当のゲームでの収益はどうなる?

以下は3倍配当のゲームの一例です。ココモ法の収益ですが、その局面により必ずしも一定に割合ではないのです。ここでは、実際に勝った場合の得られる利益をまとめた表を示しています。

 

ココモ法の利益(3倍配当ゲーム)
ゲーム回数 ベット額($) 累計ベット 収益
1回目 1 0 2
2回目 1 1 1
3回目 2 2 2
4回目 3 4 2
5回目 5 7 3
6回目 8 12 4
7回目 13 20 6
8回目 21 33 9
9回目 34 54 14
10回目 55 88 22

 

例えばの話ですが、ルーレットでカラムベット、もしくはダズンベットで1ドルからスタートした場合、4回目のゲームで3ドル賭けて勝った場合の利益は、配当が3×3=9ドル、累計ベット額が1+1+2+3=7ドルより、9-7=2ドルという計算になります。

 

マーチンゲール法の場合は負けが込むと、一定の割合で利益も膨らみます。

ですが、ココモ法は一定の利益ではなく、負けが込めば混むほど利益が膨らむという仕組みです。また、マーチンゲール法と比べ掛け金が緩やかに増えるのもメリットと言われています。

 

ココモ法にの注意点!2倍配当のゲームには不向き!

【注意その1】2倍配当のゲームには不向き!

じゃあ、ココモ法のデメリットは何かという事が気になるところです。

これは先ほども触れたように2倍配当のゲームには不向きという事です。仮に2倍配当のゲームに賭けたとします。2、3回目の賭けはとんとん散いったところでしょうか。

 

ですが、回数をこなしていくうちに損失が大きくなっていきます・・・

ココモ法はしたがって、ブラックジャック、バカラ、ルーレット(「赤or黒」「奇数or偶数」「(1-18)or(19-36)」)の2倍配当の得られる賭け方には、不向きとなります。

 

【注意その2】勝率がイーブンベットには向かない!

ココモ法はより低い勝率に挑むことで効力を発揮できます。その為、勝率50%のゲームには適さないのです。

ルーレットのカラムベットおよびダズンベットでは、3倍配当の確率1/3が「33.333..%」なので、少なくともこの確率以下のゲームに向いた攻略法です。

 

利益も高く、投資金も緩やさがメリットである反面、そのまま連敗を繰り返してしまいやすいのはデメリットして覚えておきたいところです。

そのまま資金が底をついたら、それこそ破産です。また、以下で紹介する賭け金の上限に引っかかってしまう可能性も出て着るので気を付けたいところです。

 

【注意その3】賭け金の上限による制限に引っかかる!

オンラインカジノのはプレーヤーが破産しない様に賭け金の上限が設けられています。その為、ココモ法の賭け金を増やす方法に引っかかってしまう可能性が出てきます。

 

先ほども触れたようにココモ法は勝率が低い賭けにこそ効果を発揮する方法です。ですから、賭け金の上限には気を付けないと大損します。

特に自己規制で制限がある方はなおの事、気を付けなくてはいけなくなります。

 

【注意その4】ボーナスによる制限!

オンラインカジノによってはアカウントにボーナスが残っている可能性もあります。すると、ボーンスがある時には、ココモ法以前にそのゲームを利用できません。

また、そのゲームに一度に賭ける金額に上限がある場合も同様です。ココモ法がその場合も成立せず大きな損害を被ってしまう可能性もあります。

 

そして、決まった金額以上に賭けることで出金条件にカウントされないという事もあります。色々と細かい中点が必要になるのです。

 

ココモ法をオンラインカジノで使うには!【まとめ】

ココモ法について色々説明してきたので、恐らくですがオンラインカジノに詳しくないという方は訳が分からないと思います。それに初心者の方にはリスクが大きいのも事実です。

 

ただ、ココモ法はマーチンゲール法より掛け金の増やし方は緩やかですので、リスクは少ないと言わるので魅力も大きいです。

 

●ココモ法の特徴!
・連敗が続いていても1回の勝利で損失が取り戻せる!
・3倍配当のゲームがメイン!2倍配当は不向き!
・負けが続いているほど、利益大が膨らんでいく!
・賭け金の上限にかからない様に注意が必要!

 

皆さんもオンラインカジノに慣れてからですが、ココモ法に挑戦してみてはと思います。

勝つか負けるかはやってみないと分からないのですが、少なくとも文章よりも実体験で覚えた方が身に付くのは間違いないでしょうね(笑)

 

カジノ名? カジノの特徴・メリット

【ベラジョンカジノ】

●初心者におすすめ
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【エンパイアカジノ】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【インターカジノ】

●海外/日本での知名度
●スマホ対応
●高額入金ボーナス

>>公式サイト


【ベットティルト】

●ベットオンゲーム
●珍しいプロバイダー
●入出金手数料なし

>>公式サイト


【カジノシークレット】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【チェリーカジノ】

●初心者おすすめ度
●新作ゲーム掲載が早い
●スマホ対応

>>公式サイト


【ライブカジノ】

●ライブカジノ
●ライブカジノの種類
●出金の早さ

>>公式サイト


【ウィリアムヒル】

●大手ブックメーカー
●イベントも豊富に用意
●社会的信頼度が高い

>>公式サイト


【DORA麻雀】

●日本人に人気
●入金なしトーナメント
●初心者歓迎!$1から

>>公式サイト


【カジ旅】

●カジノゲーム初心者
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【ワンダリーノ】

●高額賞金イベント
●高度技術の演出
●200%入金ボーナス

>>公式サイト


【スポーツベット】

●初心者にやさしい
●ライブベッティング
●eスポーツ対応

>>公式サイト

 

-オンラインカジノの基礎知識
-, ,

Copyright© オンラインカジノの読みもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.