オンラインカジノの基礎知識

カジノ法案(IR推進法案)で統合型リゾート施設ができる!日本のオンラインカジノも知名度アップ?

投稿日:

近年の国会で「カジノ法案」ついて議論されている話題は、世間を騒がせていました。また、その候補地に関する話題も大きくにニュースで取り上げられている影響もあり、世間どの関心度もかなり高いことが分かります。

そんなカジノ法案ですが、いったいどの様なものか皆さんは詳しく知っているでしょうか?

恐らくですが、カジノ法案という言葉は分かっても、その中身を詳しく理解している方は殆どいないのではと思います。この記事では、そんなカジノ法案について詳しくまとめたので、ぜひ参考にしてもらえればと思います(^^)/

カジノ法案(IR法案)とは、いったいどんな法律なの?

 

先ずはですが、「カジノ法案」というものがどの様なものか詳しく調べてみる事にしました。するとですが、分かってきたのは厳密な意味でカジノ法案というものはないという事が分かってきました。

私たちがカジノ法案(IR推進法案)と呼んでいるのは統合型リゾート施設の誘致に関する法案だったのです。では、統合型リゾート施設とは何なのかという事です。

 

【統合型リゾート施設】

統合型リゾート(とうごうがたリゾート、英称:Integrated Resort、略称:IR)とは、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

という事でした。

カジノ法案というと多くの方はカジノ場を作る事をイメージするところですが、実際には色んな施設を兼ね揃えた施設を作り、その施設の一部にカジノ場を伴設するという事でした。

 

統合型リゾートの候補地は全国のどの都市になるのか?

 

これはあくまで現在(2019年2月)の時点での話ですが、カジノ場を備えた統合型リゾート施設上記の通りです。

候補地は北海道、千葉、東京、神奈川(横浜)、大阪、宮崎、長崎、沖縄です。中でも現在は北海道、大阪、神奈川(横浜)が特に有力な候補地と見られています。

候補地の傾向を見ていると、大きな都心が交通機関の利便性などを謳う傾向と、北海道や沖縄などの観光地が国内外からの観光客の誘致を狙う傾向とに分かれている様に思います。

私は愛知県なので、大阪か神奈川(横浜)に統合型リゾート施設ができればよいのとは思いますが、こればかりは何とも言えないところですね(笑)

 

カジノ法案(IR推進法案)成立によるメリットとは?

 

では、なぜ今まで賭博法によりギャンブル場はおろかかけ事すらできなかった日本で、いきなりカジノ法案の話が持ち上がったのかという事です。その理由のは、観光客の流入による経済効果と雇用の促進という訳です。

これは極論の話ですが、ギャンブルがすでに浸透している国の事を紹介すると、マカオなど、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客からも注目を集めています。

マカオでは、2017年のカジノ等税収が約940億パタカを記録し、歳入に占める割合は79.66%を占めた。同年の歳出は777億パタカであり、歳出の全てをカジノ等の税収で賄うことに成功しているという事です。

つまり、日本の各都市では統合型リゾート施設が地方財政のプラスになると期待されているのです!

 

統合型リゾート施設の「ギャンブル依存症対策」はどうなっているか?

 

テレビのニュースを見ているとカジノ法案の成立に向け賛否両論の意見が飛び交っている事が分かります。その中でも問題視されているのが「ギャンブル依存症」ではないかと思います。

近年になり、ギャンブル依存症という話題が持ち上がる様になりましたが、果たして統合型リゾート施設はギャンブル依存症対策は大丈夫なのかと不安になるのも無理はないでしょう。

では、実際にどうなのかというと、統合型リゾート施設でも入場規制などをすると言う事は現段階で検討はされているようです。

但し、これはあくまで形上のものかもしれません。なぜなら、既に日本にはパチンコやスロットなどのいつでもできる状態ですから、既に「ギャンブル依存症」の方もいるのも事実です。

統合型リゾート施設にわざわざギャンブル依存症の患者が通うかな?というのが、私の個人的な疑問ですね・・・

 

カジノ法案成立は決して悪い影響だけではない!!

 

日本では元々、パチンコやスロットがありますが、「ギャンブル依存症」に悩む方は以前から多くいると言われています。但し、今まではギャンブル依存症が病気というのは最近になってからです。

近年、カジノ法案が成立によりギャンブル依存症に関する国民の意識はますます関心を帯びていると言えます。

その中で今までギャンブル依存症に対してパチンコやスロットなど対策を取らない施設も「ギャンブル依存症対策」に乗り出さざるを得ない状況が出てきているのです。

こう考えるとカジノ法案が必ずしも日本の社会を悪くするとかかがいらないと私は思っています。実際に統合型リゾート施設ができた時、その価値がどうであるか問われるところです。

もしかしたら、統合型リゾート施設が日本人のカジノに対するイメージを変える日も近いかもしれませんね!以上、カジノ法案(IR推進法案)で統合型リゾート施設ができる!日本のオンラインカジノも知名度アップ?...という話でした。

 

カジノ名? カジノの特徴・メリット

【ベラジョンカジノ】

●初心者におすすめ
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【エンパイアカジノ】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【インターカジノ】

●海外/日本での知名度
●スマホ対応
●高額入金ボーナス

>>公式サイト


【ベットティルト】

●ベットオンゲーム
●珍しいプロバイダー
●入出金手数料なし

>>公式サイト


【カジノシークレット】

●キャッシュバック
●トーナメント数が多い
●サイトのわかり易さ

>>公式サイト


【チェリーカジノ】

●初心者おすすめ度
●新作ゲーム掲載が早い
●スマホ対応

>>公式サイト


【ライブカジノ】

●ライブカジノ
●ライブカジノの種類
●出金の早さ

>>公式サイト


【ウィリアムヒル】

●大手ブックメーカー
●イベントも豊富に用意
●社会的信頼度が高い

>>公式サイト


【DORA麻雀】

●日本人に人気
●入金なしトーナメント
●初心者歓迎!$1から

>>公式サイト


【カジ旅】

●カジノゲーム初心者
●スマホ対応
●クレジットカード対応

>>公式サイト


【ワンダリーノ】

●高額賞金イベント
●高度技術の演出
●200%入金ボーナス

>>公式サイト


【スポーツベット】

●初心者にやさしい
●ライブベッティング
●eスポーツ対応

>>公式サイト

 

-オンラインカジノの基礎知識
-, ,

Copyright© オンラインカジノの読みもの , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.